OFSongsのblog 次回#027は09/7/4(sat)17時から開催します。皆様是非遊びに来て下さい。お待ちしています!
by ofsongs
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
INF◎RMATI◎N
ここのブログについて



☆会場をお借りしています→三軒茶屋 DJ BAR Chrome
カテゴリ
全体
event
diary
disc recommend
live&festival
Set List
movie
book
football
other
about
OUR FAVOURITE DISC
以前の記事
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 02月
最新のトラックバック
ドイツワールドカップ!
from つかさ不動産鑑定事務所「社員..
ベッカム決めた!@イング..
from スポーツ選手名鑑
Belle & Seba..
from 愛と笑いに溢れるハッピーな一夜に
2006年最大の話題作!..
from パイレーツ・オブ・カリビアン..
オアシス OASIS ラ..
from OASIS 4TH JAPA..
クリス・カニンガム LI..
from いい歳した男が…
oasis
from 洋楽CDレビューとOASIS..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
The White Stripes@Zepp Tokyo by にしまき
ジャック・ホワイトの喉の病気により延期されていたホワイト・ストライプスのライブに行って来た。延期の影響もあってか、会場内は開演前からかなりの人の入り。メンバー登場とともに、どっと人波が前に押し寄せる。

ジャックは「Get Behind Me Satan」のジャケットと同じ、チャリチョコ衣裳で登場。その姿は、ジョニー・デップ演じるウォンカそのもの(帽子を取ると「クロウ」のブランドン・リーに変身)。

正直最初は、人に押されて冷静に曲を楽しむどころではなかった。が、3曲目に早くも「Blue Orchid」を披露したあたりから、こちらのテンションも上がり、ライブに入り込めるようになった。その後、「Jolene」「Hotel Yorba」をはじめ、畳み掛けるようにライブが進んで行った。

それにしても、このサウンド。とてもふたりだけで生み出しているとは思えないほど、タイトでパワフル。とくに、ライブだとメグのドラムが暴力的なほど耳に突き刺さる。取り立てて派手な演出があるわけでもないのに、そのステージにはとてもシアトリカルな印象を受けた。たとえるなら、「My Doorbell」のPVが再現されている感じ。

最後までテンションが落ちることはなく、アンコールでも4曲を披露し「Seven Nation Army」(だったと思う)でライブは終了。

実は今まで彼らの熱心なリスナーというわけではなかったが、今回のライブを観て「俺、結構このバンド好きかも」と、思った次第。それと、ジャックがピアノに向かったとき、昨年のフジのレッドマーキーで観たドレスデン・ドールズに近いものを感じた(知名度という点からいえば、雲泥の差だけど)。
[PR]
by ofsongs | 2006-03-10 01:28 | live&festival
<< プライマルとザ・フー@ぽこ El Presidente イ... >>