OFSongsのblog 次回#027は09/7/4(sat)17時から開催します。皆様是非遊びに来て下さい。お待ちしています!
by ofsongs
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
The White Stripes@Zepp Tokyo by にしまき
ジャック・ホワイトの喉の病気により延期されていたホワイト・ストライプスのライブに行って来た。延期の影響もあってか、会場内は開演前からかなりの人の入り。メンバー登場とともに、どっと人波が前に押し寄せる。

ジャックは「Get Behind Me Satan」のジャケットと同じ、チャリチョコ衣裳で登場。その姿は、ジョニー・デップ演じるウォンカそのもの(帽子を取ると「クロウ」のブランドン・リーに変身)。

正直最初は、人に押されて冷静に曲を楽しむどころではなかった。が、3曲目に早くも「Blue Orchid」を披露したあたりから、こちらのテンションも上がり、ライブに入り込めるようになった。その後、「Jolene」「Hotel Yorba」をはじめ、畳み掛けるようにライブが進んで行った。

それにしても、このサウンド。とてもふたりだけで生み出しているとは思えないほど、タイトでパワフル。とくに、ライブだとメグのドラムが暴力的なほど耳に突き刺さる。取り立てて派手な演出があるわけでもないのに、そのステージにはとてもシアトリカルな印象を受けた。たとえるなら、「My Doorbell」のPVが再現されている感じ。

最後までテンションが落ちることはなく、アンコールでも4曲を披露し「Seven Nation Army」(だったと思う)でライブは終了。

実は今まで彼らの熱心なリスナーというわけではなかったが、今回のライブを観て「俺、結構このバンド好きかも」と、思った次第。それと、ジャックがピアノに向かったとき、昨年のフジのレッドマーキーで観たドレスデン・ドールズに近いものを感じた(知名度という点からいえば、雲泥の差だけど)。
[PR]
by ofsongs | 2006-03-10 01:28 | live&festival
<< プライマルとザ・フー@ぽこ El Presidente イ... >>