OFSongsのblog 次回#027は09/7/4(sat)17時から開催します。皆様是非遊びに来て下さい。お待ちしています!
by ofsongs
<   2005年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧
MEW@クラブチッタ川崎 byフニコラーレ
当日券でMEWを観てきました。
わざわざ川崎くんだりまで行って、チケが売り切れてたらどうしようとヒヤヒヤでしたが、開演ギリギリにも関わらず、問題なくゲット。

入場後、程なくして始まったライブは、まさにMEWワールド一色。
おなじみのキモかわいい映像とヨーナスの表現力を増したボーカル、ソリッドなサウンドが相まって、独自の世界を構築してました。一瞬「シューゲイザーの復権?」とも思ったけど、かつてのシューゲイザーよりは、開かれた感じ…。

例の「白い唇のいざない」(日本語バージョン)も披露。
アンチョコを見ながらではありましたが、やっぱり生で聴いても日本語がとても上手かったです。きっと耳がいいんだろうなぁ。

新譜からの曲が中心かと思いきや、1stの曲もかなり混じってました。

MEWのライブは過去に4回(うち2回はサマソニだけど)観ていますが、回を追うごとにいい意味で骨太になっていると感じます。

ところで、アンコールの時「次の曲は来週結婚する●●に捧げます」と言っていましたが、●●とは誰?(日本人の名前だったみたいだけど)
[PR]
by ofsongs | 2005-11-30 05:58 | live&festival
実家にて... by にしまき
 週末、ちょっとした用事で名古屋の実家に帰りました。年に1回帰る程度なのですが、いつもばたばたと立ち寄る感じで慌しいことこの上なしです。けれども、今回は用事がすぐに終わったので、自分の部屋(だったところ)で少しくつろげました。なにげなくレコ-ドラックが気になって覗いてみると、中学・高校時代にまさに擦り切れるほどに聴き込んだディスク達が… Beatles, Beach Boys, P.I.L. Associates etc 懐かしいというか、そのレコ-ドを聴いていた時間に、アッという間に引き戻されました。
 思い返せば時間はあるけど、金のない中高時代。1枚のレコ-ド買うのにどれだけ悩んだことか。お年玉が入って2枚まとめて買うなんて最高に贅沢な気分。 2枚組買う時なんて2ヶ月は悩みましたね(Queen Live KillersとP.I.L.のメタルボックスの時)。ましてやジャケ買いなんてお大臣なことはトンデモなくバチ当たり。そして買って帰れば、その日は4,5回通して聴くのは当たり前。しばらくはそのア-ティスト特集って感じでした。来日公演に行くとなったら、もう曲順考えたりしながら、1ヶ月ぐらい連日アルバム聴きまくり。ライブ前夜なんてテンションあがって眠れなくなるぐらい。
 それが、いつのころからかジャケ買いだの、とりあえず~風(例:マイブラっぽいサウンド)だから気になって、なんて買い方するようになって。しまいには買ったはいいけど2,3曲しか聴いてないとか、買ってからまだ封もあけていないCDがある、なんていいかげんな聴き方・買い方するようになってしまいました(高校時代の自分に見られたら延髄蹴りくらいそうだな)。
 時間がなくて仕方がない、と言ってしまえばそれまでなんですけど、やっぱり良くないですね。昔のような音に飢えた気持ちがないと、惰性で音楽聴いてたんじゃ素晴らしい出会いも逃してしまうでしょう。
 というわけで初冬の1日、実家のレコ-ドを眺めて頭の中に浮かんだ戯言でした。でも他の長く音楽を聴き続けている人たちってどうなんでしょう? もしよろしければコメントください。
[PR]
by ofsongs | 2005-11-29 20:01 | other
エレグラ参戦レポ by にしまき
僕も参戦してきました、エレグラレポ-トです。

☆Autechre : 前回の単独のように、真っ暗とはいかないものの、会場内は結構暗め。最初は“こんな音で踊れるの? 体バラバラになっちゃうよ~”って感じだったのですが、ずうっと音を浴びていると、これが不思議と踊れちゃうんですよ。雰囲気としては工事現場のBGMなんですけど、昔同じ形容詞をつけられていたノイバウテンが壊すほうの現場なら、オウテカは高速でハイテクビルを建てる現場って感じです。まあAphex Twinに比べたらオウテカのほうが、ずっとクラウドに優しい音でしたよ。

☆Coldcut : 本当は飲み&居眠りするつもりでベンチに座ってたら、いきなりマツケンサンバ(映像込み)でアゲアゲですよ。おまけに最後はジョンスペ乱入!! でちっとも眠れず。でも、フニコラ-レさんも書いてるように、今回参加の中で、一番多面的な顔を持ったアクトでしたね。

☆Chris Cunnigham : 今回注目度が最も高かったアクトです。確かにRubber JohnnyやWindowlicker、Come to DaddyなどAphex Twin系の音と映像が見事にハマって盛り上がってはいたのですが… 途中ヒットラ-およびナチの映像で盛り上げる(盛り上がる)のは如何なものでしょうか?(実際蛍光ライトが本人めがけて投げつけられてました。)個人的にはあれでサメちゃいました。

☆Vitalic : 今年のエレグラのベストアクトでしょう。アゲ方がうまい!! 引くタイミングがうまくて、クラウドをダレさせることなく1時間のセットを走りきった感じでした。My Friend Darioでは、AM4:30にもかかわらず跳びましたね~。サウンドはモロDisco。しかもミュンヘンサウンドが、チラチラと隠し味のように見え隠れ。踊りながら頭の中には、ドナ・サマ- meetsジョルジオ・モロダ-のサウンドが甦っていました。

最後に気になった点を… 
カワシマンさんも触れていましたが、ゴミマナ-は最悪!! 食べ残しが地面にいっぱい置いてあって、しかもこぼされてる。踊りながらプラコップを足元に捨てる。あ~、やっと日本のテクノパ-ティもヨ-ロッパの水準になったってわけですか。(もちろん皮肉)
それから、エレグラって東京金曜開催、大阪土曜開催って決まってますが、隔年で入れ替えておくれよ、SMASHさん。オ-ルで踊ったあとに、土曜半日仕事に行くと、日曜はボロボロなんですけどぉ~。
[PR]
by ofsongs | 2005-11-28 19:51 | live&festival
私もエレクトラグライド05 byカワシマン
e0085453_1414375.jpg着いた時間が遅かったので、アンダーワールドとテイトウワしか見てませんが、エレグラ05、楽しかったです!
今年から会場が広くなりましたね。それのおかげか?踊るスペースがちゃんと確保できて良かったです。ごみの散らかりかたは相変わらずな気がしたけれど。マナーの悪さはなんとかならないものでしょうか。

で、アンダーワールドですよ。
途中で抜けてVITALICみようと思ってたんですけども…意外にも良くてアンコールまでゴッチ(exアジカン)似の人のとなりで3時間ぜんぶ見&踊っちゃいました。正直、そこまで期待をしていなかったのです。大味なんだろうなぁと思って。
ところがなんでしょう、まわりのお客さんのテンションの高さが良かったのか、(私が)聴きたかった曲をぜんぶやってくれたからなのか、ビール一杯でやたらハイになってました。照明でのあおりっぷりがさらにテンションをあげさせる感じで。ミラーボールキラキラ、緑色の光線ぎゅんぎゅん、青白い光ぺかぺか。一瞬、ここはどこなんだ!?と分からなくなったりもしました。逃避してたんでしょうか私。

映像をあまり使ってなかったのは意図的?せっかく大きいスクリーンがたくさんあったのになー。もったいない。TOMATOの仕事見たかったな。

一番盛り上がっていたのは、わりかし早めにやったBorn Slippy〜Two Months Offの流れあたり。人が急に増えて暑かったです。みんな聴きたいっすよね〜、やっぱり。
アンコールではカールが雑誌「LOUD」の表紙で着用していたウェディングドレス姿で登場というサプライズも。

そんな感じで私の中で“エレグラ=アンダーワールド”と印象づけられたライブでした。

しかし3時間踊れる体力が自分にあったことにびっくりです。
アンダーワールドが終わって、友達のところに戻ったら「やせて帰ってきた」と言われました。ダイエット効果ありありのようです。
会場限定のCDは私も予約しておきました。
本当はこのライブ、音だけではなくて映像ふくめて見たいのですが…。どっかで放送してくれないでしょうか???
[PR]
by ofsongs | 2005-11-28 14:05 | live&festival
Freaks by だいすけ
作品が作成されたのは1932年。
ただ公開直後に内容があまりに残忍で過激だということでその後30年以上に渡って封印されていたいわくつきの作品。

その理由は恐らく本物のフリークス(フリーク=畸形・異形のこと)が登場しているからなのだと思う。ただ、自分自身がその出演してる本物のフリークス達を見てもあまり怖いだとかそういった感情は抱かず、すんなりと受け入れて見る事が出来ました。むしろ公開直後に「これは人間に見せるべき映画ではない」と切って捨てる感情の方がおかしいでしょう。だって、こういう人たちが存在するってことは紛れも無い現実なんだから。

内容としては弄ばれた仲間に対する復讐劇という単純明快なものだしさほどひねったような話の展開も無いのだけれど、監督がもともとホラー映画を取っていた人だけのことはあって時折背筋がゾクッとするような瞬間があった。特にクライマックスのあのシーンはさすがにかなり強烈だった。

見ておいて良かったとは思ったけど、人に無条件にオススメ出来る類の映画ではないです。もし興味があって見に行く場合でも、多少の気構えを持って行ったほうが良いと思います。

公式HP:http://www.freaks-movie.com/
[PR]
by ofsongs | 2005-11-27 13:46 | movie
エレクトラグライド05 byフニコラーレ
エレグラ行って来ましたよ。

会場内で、当日のUnderworldのライブを完全収録したCDの申し込みを受け付けてました。会場限定って本当かよ? と訝りつつ、とりあえず踊らされて、速攻申し込んでおきました。

Underworid狙いの人が多いせいか、私が着いた時点(22時頃)では、かなりガラガラ状態。オウテカ、カッコいいのに、ああいう音って意外に受けないのかな。前回同様、照明を完全に落とした真っ暗闇に低音が響いてました。

注目を集めていたのが、クリス・カニンガム。彼が手がけた映像(エイフェックス・ツインのPVや、あきらかに権利関係を無視したスター・ウォーズのワンシーンなどを編集)をバッグに、ゴリゴリのパワープレイを展開。いや〜しびれました。

コールド・カットは、すごく多面体な印象。
新曲にも参加しているジョンスペが、なんと飛び入りでステージに登場。テクノ×ジョンスペという意外性が新鮮でした。

超、盛り上がっていたのがヴァイタリック。
実際かなりアゲアゲでいい感じだったのですが、なにせ3時45分スタートだったので、眠くて眠くて。イマイチ堪能しきれなかったのが、心残りです(フジのときも真夜中だったし)。

なんだかんだいって、肝心のUnderworldは30分くらいしか観て(?)ないので、感想はカワシマンさんにバトンタッチします。
[PR]
by ofsongs | 2005-11-27 11:40 | live&festival
たまにはこんなのも観ます byフニコラーレ
「エリザベス タウン」、人入ってないみたいですね。
私が観にいったときも、10人くらいしかいなかったしなぁ。

内容自体は悪くないと思いますが、ロードムービー的なものを期待していただけに、大甘な大人のおとぎ話に終わっていたのが残念(監督がビリー・ワイルダー好きと聞いて、納得)。ご都合主義的な部分をほんの少しだけ抑えれば、もっとすんなり切ない気持ちに浸れたのに。

ただキャメロン・クロウ(「あの頃ペニー・レインと」が有名)が監督なだけに、音楽は良かった。
サントラには入っていないようですが、パーティシーンでコンクリーツが流れていたり、さらに今年フジにも出たマイ・モーニング・ジャケットの演奏シーンも! (故人を偲ぶ会での演奏シーンに登場してたんだけど、彼らのバンド名を考えると、このシーンにピッタリかと。もっとも映画の中ではラッカスというバンド名でしたが)。

パンフによると、音楽を担当したナンシー・ウィルソン(監督の奥さんでもある)は、「70年代にバンド、ハートを結成」とあるんだけど、これって私が子どものときに人気のあったハードロックバンドのハートのこと? 
[PR]
by ofsongs | 2005-11-25 11:33 | movie
Go to Stadium! 2  by にしまき
 あらゆる意味で佳境を迎えているJリーグですが、僕は今日、我が愛すべきネタチーム、名古屋グランパスの試合を観に、味の素スタジアムへ行ってきました。J2降格にリーチのかかったヴェルディ相手に、スコアレスドローという冴えない結果ではありましたが、J1残留を決めてサポとしては”ホッ”と胸をなでおろしています。
 
 ところで、優勝争い以上に熾烈なのがJ2降格/J1昇格争いです。11/23日終了時点で、J1では神戸の降格が決定。自動降格とJ2入れ替え戦の枠をめぐって残り2試合、柏と東京ヴェルディが競り合っています。柏が勝ち点32、東京Vが勝ち点27ですが、次節は柏対東京Vの直接対決!! この結果いかんで、東京VはJ2降格決定の可能性があります。

 一方J2は、京都、福岡のJ1復帰が決定。残る入れ替え戦枠をめぐって、こちらも仙台と甲府がデッドヒートを繰り広げています。11/23終了時点で、仙台が勝ち点67、甲府が勝ち点66。残りは2試合なのですが、これが凄い組み合わせ!! なんと次節はともにホームで既に昇格を決めた京都と福岡。最終節はともにアウェイでこれまた相手を変えて京都と福岡。うーん今年もドラマが生まれそうな予感。

 サッカーに興味のある方は、このJ1/J2最終2節にぜひ注目してください。各チームの真剣勝負は絶対に観る価値ありです!! (代表のユル〜い親善試合や、某銀河系チームの観光ついでのお遊び試合より、面白いハズです。)
[PR]
by ofsongs | 2005-11-23 23:54 | football
11/20 Oasis@代々木第一体育館
行ってきましたよ~、Oasis。
間違えなくサマソニより出来は良かったですよ!!!

まあ詳しくは例によって↓に書いてあるので見てやって下さい。
http://blog.livedoor.jp/m-22_02336/archives/2005-11.html#20051123

そして今日もライブ行ってきます。
まだアルバムも出してないのに話題になりまくりのArctic Monkeysです。
しかし一日二公演って凄いよな。ジャニーズのアイドルじゃあるまいし。。。

そして今日は水曜日。HMVのWポイントデーですね。
帰りには渋谷に寄って色々物色してこようかな。
とりあえずくるりの最新作「NIKKI」は絶対に買わなきゃね。
[PR]
by ofsongs | 2005-11-23 09:54 | live&festival
ちょっと、邦楽持ちこみます by カワシマン
たぶん◎FSongsイチ邦楽寄りの私ですが、今年の年末もCOUNTDOWN JAPANに行ってきます。
3日目の12/31〜1/1にかけてです。
だって、くるり。が♥

イベント一ヶ月前にしてタイムテーブルが発表されました。
私の見たいアーティストはこんなです。

 19:30〜 少年ナイフ
 22:20〜 PUFFY
 23:15〜 くるり
 00:45〜 忌野清志郎&NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS
 01:40〜 髭(HiGE)
 03:15〜 BEAT CRUSADERS
 03:40〜 YOUR SONGS IS GOOD

書き出してみたら意外とがっつりです。
体力が持つ限りこの予定でいきたいのですが、日付&年が変わってからがどうなることやら。
フジロックみたいに気合いを入れて行かないので…はは。

つか少年ナイフ!
ロッキンオンのフェスはたまーに唐突にコアなアーティストを投入してきますね。
プロモーション兼ねてるとはいえ、若者バンドばかりじゃいかんと思うので大歓迎です。
もっと聴いたほうが良いアーティスト・バンドはいますし。
コレクターズなんかはフェス向きだと思うんですけどねー。
[PR]
by ofsongs | 2005-11-22 19:07 | live&festival