OFSongsのblog 次回#027は09/7/4(sat)17時から開催します。皆様是非遊びに来て下さい。お待ちしています!
by ofsongs
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
INF◎RMATI◎N
ここのブログについて



☆会場をお借りしています→三軒茶屋 DJ BAR Chrome
カテゴリ
全体
event
diary
disc recommend
live&festival
Set List
movie
book
football
other
about
OUR FAVOURITE DISC
以前の記事
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 02月
最新のトラックバック
ドイツワールドカップ!
from つかさ不動産鑑定事務所「社員..
ベッカム決めた!@イング..
from スポーツ選手名鑑
Belle & Seba..
from 愛と笑いに溢れるハッピーな一夜に
2006年最大の話題作!..
from パイレーツ・オブ・カリビアン..
オアシス OASIS ラ..
from OASIS 4TH JAPA..
クリス・カニンガム LI..
from いい歳した男が…
oasis
from 洋楽CDレビューとOASIS..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ドイツW杯を振り返って by にしまき
決勝戦から2週間、観戦疲れも取れて、やっとワールドカップを振り返ってみる気分になってきた。時期的にいうと、いまさらかもしれないが、個人的に総括を(協会そのものが総括しない国もあるようだけど…)。

決勝について
前半1点を取り合った時には「ひょっとして、激しい打ち合いが観られる!?」と思われたが、後半に入ると一転「イタリアらしい闘い方」へ。結局フランスが、何度か素晴らしい攻めを見せたものの、PKに持ち込んだ時点でイタリアは、ほぼ勝利を掌中に納めた。

惜しむらくは延長前半14分。サニョルのクロスにジダンがヘッドで合わせたシュートを、ブッフォンが右手1本で弾き出したシーン。個人的にはこの場面でドイツW杯が終わってほしかった。リプレイで観ると、まるでアートフィルムのようなジダンとブッフォン。これこそFootball、こういうプレーがあるからこそ、リアルタイムで観ずにはいられない。

ジダンの頭突き退場、マテラッティの挑発に関しては、これもピッチの上でのよくある出来事。「たまたまW杯の決勝で起こってしまっただけ」のことだと思う。だから僕には「せっかくの好ゲームが残念」という気持ちはまったくない。

最後にドイツワールドカップ全体を通しての感想を。
「優れた選手がいる」というだけでは、勝ち残れない…サッカーはそういう時代に突入したように思う。なにより、ブラジルやアフリカ勢の敗退がそのことを如実にあらわしている。優れた選手を、戦術に合わせて使いこなす、そんな監督の力量が問われた大会だったという印象。そういった意味では、リッピ率いるイタリアの優勝も当然といえば当然といえる。

決勝なんてPKを見越して、疲弊しているベテラン選手をなおもピッチに残してるし。一方のフランスが、アンリやリベリーを交代させているのとは対照的だった。結論として、監督が勇気ある選手起用をできるかできないかが、勝敗を分けたのではないだろうか。

あとは、やはり1ヶ月の長丁場。チームというのは生き物なんだなあと思った。だって誰も予選リーグのフランスを見て、決勝まで駒を進めるとは思わなかったハズ。反対に、スペインやアルゼンチンがあんなに早く決勝トーナメントで姿を消すとは思わなかったのでは? にわか代表サポのみなさんは、日本がまさか、予選リーグ1勝もできずに敗退するとは思わなかったかもしれないけど(苦笑)。

総じてレベルの高いプレーが観られて、W杯の意義を改めて見直した大会だった。特に欧州各国の健闘は、2年後のEUROに期待を持たせるのに十分だった。
[PR]
by ofsongs | 2006-07-26 11:41 | football
ドイツワールドカップ準決勝(予想) by にしまき
さあ、W杯も大詰め。今日明日の準決勝、そしてそのまま、3位決定戦&決勝までの勝敗を予想してみようと思う。

・ドイツvsイタリア
ドイツはフリンクスが出場停止、一方のイタリアはネスタがいまだ間に合わず。しかし、そういった要因はココまで来ると些細なことにすら思える。イタリアDF対ドイツFWのガチの勝負がすべてといえそう。イタリアDFはいままでの「カテナチオ」に比べ、より攻撃的なディフェンスを揃えている。カンナバーロ、ザンブロッタ、ガットゥーゾ、みなここまで相手にシュートすら打たせない寄せをしてきている。戦力を単純にみると、イタリア有利なんだけど、やっぱりここでもホームアドバンテージの影響抜きには考えられない。というわけで、個人的にはドイツが勝つと予想。            
                      
・ポルトガルvsフランス
ジダンとフィーゴ、リベリーとデコの新旧司令塔対決。バルテズとリカルドの守護神対決。マジでガチンコの勝負!! 世間的にはポルトガルが戦力的に有利と思われている(らしい)。がしかし、フランスのベテランメンバー達には、W杯での頂点も、そしてどん底の屈辱をも味わった経験がある。準決勝では、そういった目には見えない力が重要な気がする。したがって、フランスが決勝へ進むと踏んだ。

・3位決定戦 イタリアvsポルトガル
これはあっさりとポルトガルが勝つだろう。守り抜いてきたチームが、優勝という目標を失ってなお、高い集中が続くとは思えない(それでもブッフォンはファインセーブ連発するんだろうな)。イタリアは勝てなくてもいいから、リッピよ「インザーギ使ってくれ。」

・決勝 ドイツvsフランス
いままで散々、ホームアドバンテージと言ってきたが、決勝では経験に勝るもの無し。ズバリ、ジュールリメ杯は8年ぶりにフランスへ。ジズーにラストダンスを躍らせてあげたいところ。それでスタジアムに、「ラ マルセイエーズ」が流れるなんてステキでしょ。シャンゼリゼが、人と車であふれ返る光景なんて、想像するだけでも絵になるし…。 というわけでにしまきはフランス優勝を予想します。
[PR]
by ofsongs | 2006-07-04 20:04
上半期アルバムベスト10 by だいすけ
W杯もベスト4が出揃って更に盛り上がってるところですが
今年も折り返しに入ったところなのでこの時期恒例の
上半期ベスト10とか書いてみます。

Primal Scream / Riot City Blues
South / Adventures in the Undergroun
Bell & Sebastian / Life Pursuit
The Streets / The Hardest Way to Make an Easy Living
Johnny Boy / Johnny Boy
Be Your Own Pet / Be Your Own Pet
Arctic Monkeys / Whatever People Say I Am, That's What I'm Not
Graham Coxon / Love Travels at Illegal Speeds
The Great Depression / Preaching to the Fire
Radio 4 / Enemies Like This

振り返るとやっぱプライマルが一番良かったなぁ。
それとSouthの健闘がかなり光ってます。
Southは7月に日本盤が出るらしいので未聴の方は是非こちらで!
Johnny Boyは昨日買ったばっかりで2回ぐらいしか聴いてないのに
あまりに出来が良かったので上位の方に入れてみました。

上五枚がちょっと抜けていてBe Your Own Petがちょっと離れてて
更にちょっと離れたところに後4枚が続く感じかな。
次点のGomez、Futureheads、Boom Boom Satellites、Ian Love
と下4枚はあまり大差は無いかな。その時の気分で選ぶものが
結構変わるかもしれません。

皆さんの上半期のベストとかどんな感じでしょうか?
[PR]
by ofsongs | 2006-07-02 15:07 | disc recommend
ドイツワールドカップ 準々決勝(予想) by にしまき
さあ、W杯も佳境に!! 準々決勝第1試合のキックオフまであと15分ほど。ここで個人的に予想を立ててみる。
・ドイツvsアルゼンチン: ふつうに考えればアルゼンチン優位。僕だって、前回のスレで「アルゼンチンの勝ちは堅い」って書いた。でも、でもあえてこの段階でホームアドバンテージを考え、ドイツ勝利を予想する。アルゼンチンが負けたら、マラドーナ荒れるだろうなあ。
・イタリアvsウクライナ: ネットの某サイトでは、ウクライナのボロニンが出られないとあった。もし本当ならイタリア俄然有利。だってシェヴァだけ止めればいいんだから。今大会キレキレのカンナバーロがなんとかするだろう。ツートップだとネスタの欠場もあって、ウクライナやや有利。う〜んここは波乱を期待してウクライナ勝利とする。
・イングランドvsポルトガル: ここまでの出来、出場停止選手のメンツ等々考えるとポルトガル有利。個人的にはどっちも好きなチームだけに迷うところ。イングランドがここまで、出来が悪いのになんとなく勝っているのがとても不気味だけど... いややっぱりポルトガル勝利を予想。
・ブラジルvsフランス: フランスには、この前のスペイン戦から、優勝への渇望がみられるようになってきた。泥臭く、でもひたむきにボールに向かっていく気迫が感じられるのだ。特にドメネクのサプライズ、リベリーがフィットしてきているのが楽しみ。そうすると'98年大会の決勝の再現も夢ではない。ブラジルは前2人にスピードがないのが致命傷になりそう。みなロナウド不調というが、むしろ期待はずれなのはアドリアーノのほうではないか? ズバリ、フランス勝利を。
そうこうしているうちにドイツvsアルゼンチンは、前半15分に。
 さて、結果はどうなる??
[PR]
by ofsongs | 2006-07-01 00:22 | football