OFSongsのblog 次回#027は09/7/4(sat)17時から開催します。皆様是非遊びに来て下さい。お待ちしています!
by ofsongs
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
INF◎RMATI◎N
ここのブログについて



☆会場をお借りしています→三軒茶屋 DJ BAR Chrome
カテゴリ
全体
event
diary
disc recommend
live&festival
Set List
movie
book
football
other
about
OUR FAVOURITE DISC
以前の記事
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 02月
最新のトラックバック
ドイツワールドカップ!
from つかさ不動産鑑定事務所「社員..
ベッカム決めた!@イング..
from スポーツ選手名鑑
Belle & Seba..
from 愛と笑いに溢れるハッピーな一夜に
2006年最大の話題作!..
from パイレーツ・オブ・カリビアン..
オアシス OASIS ラ..
from OASIS 4TH JAPA..
クリス・カニンガム LI..
from いい歳した男が…
oasis
from 洋楽CDレビューとOASIS..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2006/9/20 Primal Scream@Zepp Tokyo By だいすけ
 ネット上での評判を見てると賛否両論、それも否の意見が多かった今回のPrimal ScreamのTour。実際行ってみたら、たしかにそういう意見が出るのも止むを得ないという内容だった。

 生音のロックンロールに回帰した新作の作風とサポートギタリストにLittle Barrieのバーリー・カドガンを迎えたことから、「Give Out ~」や「Screamadelica」の曲を織り交ぜつつの完全新作モードのセットリストになるかと思いきや、普通に近作からの曲を満遍なくプレイするセットリストだった。これが、自分としてはかなりマイナス。何故ならどう考えてもバーリー・カドガンの弾くギターの質は、明らかに「Vanishing Point」~「XTRMNTR」~「Evil Heat」の曲にはあってなかったように思えた。それが全ての原因では無かったのだけれど「Kill All Hippies」、「Swastika Eyes」、「Kowaisk」あたりの出来はかなり酷かった。新作や「Give Out ~」の曲の時の出来が良かっただけに、尚更無理して直近の過去の作品からは演奏しなくても良かったのでは?という気がしてならない。

 新作「Riot City Blues」の出来が素晴らしくて期待して行ったのにも関わらず、自分としては消化不良な内容だった。残念。
[PR]
by ofsongs | 2006-09-24 12:06 | live&festival
海外フェスに参加してみて by だいすけ
 イベントに来てくれた一部の方に話をしたり写真を見せたりしましたが、今年の夏に念願の海外フェス、V Festival 2006に参加してきました。その時感じたこと等をつらつら書こうと思います。

 まず日本のフェスとの最大の違いは会場の汚さ。去年のフジロック後にはゴミが散らかっていて汚かったとか例年サマソニはゴミのマナーがなってないとか言われますが、それらでさえも比較の対称にならないぐらい汚いです。ポイ捨て置きっぱなしが当たり前で、ゴミをちゃんとゴミ箱に捨ててる人の方が少ないくらい。これを見てると、外国のバンドがフジに来て「世界一クリーンなフェスだ」というのも良く分かる。フジの綺麗な環境に慣れてる人には耐えられないかも。

 客のマナーとか治安とかに関しては全然気にならなかった。やはり若者が多いものの、思った以上に年配の人もいたりして、ほのぼのした平和な雰囲気だった。中には当然酔っ払って騒いでるのもいたみたいだけど、そういうのは大抵ステージ前方にいたりするのでさほど気にならなかったし。その騒ぎ方もガラが悪いって言うよりかは、ガキがはしゃぎまくって遊んでるといった感じ。よくライブでもフェスでも外人の集団が騒いでたりするけど、そういうのがあちこちにいると思ってもらえば分かりやすいかな。

 あと特徴的なのは一ステージ辺りの出演バンドがやたら多いこと。メインのステージはそうでもないけど、小さめのステージになればなるほど数が多くなる。従って、一バンド当りの出演時間が短くなってしまう。物足りないはもの足りないけど、ここはショーケース感覚でちょこちょこ色んなバンドを見まくるのに徹する方がいいような気がする。

 そして一番の魅力は、有名バンド達の本国での人気の加熱っぷり、愛されっぷりを肌で体感できること。Redioheadは勿論のこと、Magic Number、Bloc Party、Hard-Fi、Razorlight等の人気の高さはものすごかった。BeckよりBloc Partyの方が人が圧倒的に多くて圧倒的に盛り上がってるなんて、日本にいたら想像も出来ないし。

 つらつらと書きつらねてみましたが、Vに関していうなら要は野外でやってるサマソニみたいなものと思ってもらえばいいかと思います。フジロックみたいな居心地の良さとか開放感はまったく無いし会場も汚いし、そういった環境面を重視する人には正直あまりオススメ出来ないです。(その辺はグラストだと大分違うかな、とは思います。)ただ、それらを差し引いてもあまりあるラインナップの豪華さと本場の雰囲気を味わえるというのは何事にも変えがたいもの。機会があれば皆さんも是非一回は海外フェスにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

 ちなみに詳細なライブの感想などは別途個人用のBlogに日記を書いているのでそちらをご覧下さい。http://orpheus.exblog.jp/
[PR]
by ofsongs | 2006-09-05 22:51 | live&festival
OUR FAVOURITE SONGS#010無事終了! byカワシマン
会場を三軒茶屋 DJ BAR Chromeへ移動してはじめてのOFSongs、#010が終了いたしました。
ご来場下さったみなさま、ありがとうございました!!!
いかがでしたか?
今回もまたいろいろな曲がかかりましたよ〜。
個人的には"after summer festival"をテーマに選曲しようとしましたが…結果、全く関係のないものになりました…
ホームページの方にセットリストをじきアップいたしますので、気になった曲などチェックしてみてくださいね。

また、キリの良い第10回ということと、いつもありがとうございますの感謝の気持ちも込めて、プレゼント抽選会も行いました!
V Festivalのパンフレット(私も欲しかった…)からイギリスの新聞まで、当選した方々おめでとうございます!

お初の会場、クロームのスタッフの方もとても親切で、気持ちよく利用させていただきました。
どうもお世話になりました。
ありがとうございます!
次回もどうぞよろしくお願いいたします。


☆★☆★☆

次回は#011は11月11日(土曜日)!
偶然ですが、第11回目が11月の11日に行えるなんて!
1が6個も並びます。巡り合わせってスゴイ…!
時間と会場は17:00〜22:00、三軒茶屋 DJ BAR Chromeです。
→詳細はコチラ

どうぞお気軽に遊びに来てくださいね!
[PR]
by ofsongs | 2006-09-04 15:20 | event